Category

LatestArticle

LatestComment

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

LINK

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
--年--月--日(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢と廃墟。飴と泪。
2009年02月16日(月)00時55分
精神論を語り出すと止まらない。その都度理想は高くなって、距離が開く。
彼は常に何かしらの引け目を感じていた。どこか押し切れない遠慮が抜けないまま、それは最早、救い様のない彼の癖になりつつあった。

彼はその貧弱な肉体の中に崇高な精神を内包していたが、そういったバランスの取れないものはゆくゆくは崩れてしまうだろうことが目に見えている。
だが、彼はずっと昔から今の今まで、変わらないそれを維持してきていた。

解決しない矛盾を抱え、それさえも認めて。
彼は穏やかな人間であったが、同時にひどく攻撃的で、むしろ傷付けることを好んだ。
何かを傷付けて、傷付くのを好んだ。

彼は愛を知っていた。ちゃちな言葉でしか表せないそれは、だが確かに彼の大事なもののひとつで在り続ける。
彼は恋を恐れていた。エゴと欲の押し付け合いで終わるそれは取るに足らないものだと冷めていたからだ。

運命という言葉に胸糞悪い嫌悪を抱いて、彼はいつだって嗤ってみせる。
安上がりなそれは言葉そのもの程度の重さしかなく、それは言葉が前提にされて存在するものではなく、事後にはっと気付くものであることを彼はまだ幼いながらも気付いている。

彼は周りが思う以上に何もかもを判っているようだった。
だが彼は自分に足りないものを常に求めている。想いや、願いや、期待といったものがそれに当てはまったが、それだけではまだまだ足りない。

彼はよく泣いて、あまり笑わない。泪を集めて心の底に繰り返される絶望で廃墟を育てていた。
朽ちた、けれど朽ち果てないそれは彼のかなしみの結晶であった。

可能ならば、その脳を、心臓を、血管を、肉を、肉体の全てを開き抉って、取り除いてもらいたいと思っていたが、不可能なことだとも解っていたので彼は小さく笑う。
案外何も求めてはいなかった。
現状への不満足もそのうち消えて、不満ばかりの腐った人間もそのうち消えるだろう。

彼は自分に期待しない代わり、それなりの努力をした。
周りから分け与えられるしあわせや大事な何かに対して、申し訳ないという思いを抱くと同時に何か返さねばという暖かな義務感を抱いた。
彼は幸福を感じられる人間であった。
不幸を不幸と思っても何も変わらない以上は、己を変えるしかないのだと知っていた。

だから彼は迷わない人間で在り続けた。
疑問も、不安も、誰にも気付かれないように直隠しにして、彼は完璧な人間を演じていた。
スポンサーサイト

偽善者の我儘
2007年08月18日(土)11時30分
そんなにいつも不機嫌な顔をしていては、いけない。
寂しいときに、寂しそうな面容をするのは、それは偽善者のすることなのだ。
寂しさを人にわかって貰おうとして、ことさらに顔色を変えて見せているだけなのだ。



「駆け込み訴え」
太宰 治

パティフィオヘデ
2007年07月24日(火)23時06分
僕の愛しのリベルちゃんが、前世についてちょっと触れていたので、今日は僕の前世についての思考を、いつものように赤裸々ながら複雑そのままに書いていきたいと思う。

夢を見る ことは、科学的に言えばノンレム睡眠時に脳が記憶の整理をしている状態を、まるで映像のように感じとっているだけ――(かな?)だと思われる。
だが、リベルちゃんの言うように、神秘的なまま、不思議だと思うままにしておきたいと…最もな意見。

そもそも、不可解な部分があるからこその人間だと思う僕は、科学が嫌いです。

研究することは、ただ夢を馳せ空想を見ているだけより、はるかに人類の役にはたつだろう。

だがしかし、世界中の謎が解明し尽くされ、何もなくなった時
それはきっと人類の滅亡を意味すると思う。

今はまだ、不完全なままの人間が"数的"に飽和状態なだけで
個体が全て完璧なものになってしまったなら、何を求め何に疑問を抱き何を夢見て生きていけというのか。

そんな、下らなくて小難しいことより、ただ僕が言いたいのは、
新しいことを知っていくより、今の状況を見て何かしらの打開策を講じる方がよっぽど合理的だと思う。
例えば地球温暖化だとか、超高齢化社会だとか。

この話は置いておいて。
人の前世は人らしい。
魂は死後もどこかで生き続け、必要な時に必要なだけ現世に戻ってくるのだと思う。

まあ、それも置いておいて。

僕の前世は、何故か自分でギリシア系に関係していると思っている。
前世は何だったか、と問われた時、無意識のうちに(潜在意識からの答えかもしれないが、)古代ローマの学者、と答えていたことがある。
そしてそうでなくても、現実と変わらぬまでリアルな夢にて、僕はいつもトロイの木馬に頭を踏み潰されて死んでゆく。
死んだ瞬間にいつも目が覚めて、起きたら冷や汗をかいていて、吐き気や頭痛がひどく、精神的にダメージをうける。
過去、そのせいで何日も学校を休んだことさえある。

学者であったのか兵士であったのか、真相は謎のままだが、不明瞭ながらも僕の潜在意識がそう言うのだから、きっと僕の前世は古代ギリシアやローマに在ったんだろうと思う。

不思議は不思議なまま
謎は謎なままに。

僕がハンムラビ法典が好きなのは、そういう原点があるからかもしれない。

「汝、敵を愛せよ」

許しは結局、自分の為にあるものだ。




*心体不合致論*(旧機械仕掛)

いま、さみしいから、どうしてもきみに会えそうにない。
*心体不合致論*(旧機械仕掛)

いま、さみしいから、どうしてもきみに会えそうにない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。