Category

LatestArticle

LatestComment

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

LINK

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
--年--月--日(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生で最も敬愛すべき…
2007年05月16日(水)00時36分
ロード・オブ・ザ・リングはかつて、映像化不可能と言わしめた超長編空想物語である。

その物語を、勇敢にも監督した彼の名はピーター・ジャクソン。

映画内に使われている遠近法や、撮影技術、気概、妥協のなさ。
どれをとっても超一級品だろうと、私は思っている。
アカデミー賞を11個、総ナメしたのも十分に理解できるもの。

作品についての善し悪しは、個人の感性によってまちまちだろうが。
現に、私の兄は「無駄にだらだらと長い映画」程度にしか認識していない。

タイトルにした、人生で最も敬愛すべき…とは。
その映画内で、アラゴルン役を演じたヴィゴ・モーテンセン。
私は彼を敬愛し、尊敬の念を抱く。
それは、ただ素晴らしいだけの俳優ではないから。

彼について書かれた文章を見ると、"まるで少年のような人だ"とよく見掛ける。
彼は何にでも興味を持ち、自分に素直に何にでも挑戦してゆく。

調べ、調べてゆくうちに彼の考え方や生き様に触れていく。
それが最近の私の日課で。
彼は、俳優であり、作詩家であり、ジャズミュージシャンであり。
画家であり、写真家であり、更には出版会社をも立ち上げたという、実に多趣味な人間だ。
その考え方や生き様に触れるたび、私は私の中身がよりクリアになってゆくのを感じる。

同じとは言い難いが、似たような"アート"の世界に身を置き、自己表現を経て自分を探してゆく行程に起きる物事に対する姿勢が、何故だか私と共通するものを感じるから。

私が映画界を目指す者として、彼が映画界に身を置く者として、心のどこかにある基本的概念が似ているのかもしれない。

だけど、私は彼とは正反対な生き方をしていると思ってしまって仕方がない。

彼と違い、私の基礎は"全てが投げやり"であるからだ。
彼は何にでも興味を持つ。
私はある程度関心を示すだけで発展を望まない。

彼はあらゆる事に積極的だ。
私は全ての事柄に対し、消極的だ。

相反している。
それ故に、私は彼に恋い焦がれ、敬愛しているだろうことも理解できる。

映画はただの娯楽ではない。
監督や俳優たちが、ストーリーの裏に作り上げた真意を汲み取ってこその映画。

近年彼が出演した、オーシャンオブファイアを見た。
ネイティブアメリカンの大量虐殺シーンから始まったそれは、非常にショッキングな内容だった。
続きを読む
スポンサーサイト




*心体不合致論*(旧機械仕掛)

いま、さみしいから、どうしてもきみに会えそうにない。
*心体不合致論*(旧機械仕掛)

いま、さみしいから、どうしてもきみに会えそうにない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。