Category

LatestArticle

LatestComment

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

LINK

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
--年--月--日(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手を伸ばせば
2007年07月17日(火)11時27分
生きることに意味はない。
だが、生きることの意志はある。

意志があったのなら、生きた"価値"はあったと思う。

*

ふと、死んでみたいと思うとき、それは別に生体機能の停止や細胞の壊死を望んでいるわけじゃなくて
ただ、その場の空気に溶け込んでしまいたいと思っているだけだ。

*

潜在意識が僕を動かしている気がする。
潜在意識は果たして、"僕自身"なのだろうか。

[意]はっきりと自覚されてはいないが、心の奥で働いていて、その人の考えや行動などを左右する自我の活動。

はっきりと自覚してしまいたい。
沈んだ思考の果てで、追いかけても追いかけても
追いつきもせず、置いて行かれることもないから。

心の奥を覗き込んでしまいたい。
そうすればもっと、素直に言葉を操ることができるかもしれない。

潜在意識が僕の考えや行動を左右"している"のならば
果たしてそれは僕じゃないではないかと思う。

意識できぬそれが本当の自分自身だと言うのならば
人は一生涯かけても自分を探し切れずに死んでしまうんじゃないか。

*

ふと自問をしてみる。
返事がある。

あなたはだれ
――わたしだよ

ぼくののぞみはかなうか
――かなうよ

ほんとうに?
――ほんとうに。

否定の言葉を持たない、僕の中の"誰かという僕"
僕が所謂表なら、その僕という誰かは裏を担っているのだろうか。

追いかけても追いつかない
置いていかれもしない。

そんなもどかしい関係

桐哉君はどこにいるんだい
――ちゃんといるよ

ほんとうにまだいるの?
――きえてなんかないよ

あいたい
――かれはでてこれない

きっと、僕の問掛けの答えは
潜在意識や直感ではなくて、脳内にインプットされている何かしらの"結果"なんじゃないかな
すんなりと答えを受け取れるのも、疑わないのも、きっと潜在意識では解っているからなんだ。

メンタルブロックなんて、もう既に外してあるけど
外してしまったから、僕は下らない、しかも断片的な思考の渦に囚われる

ああ、また。
スポンサーサイト


コメントの投稿













秘密にする   


*心体不合致論*(旧機械仕掛)

いま、さみしいから、どうしてもきみに会えそうにない。
*心体不合致論*(旧機械仕掛)

いま、さみしいから、どうしてもきみに会えそうにない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。